バカが全裸で待っている

来ました、やっと来ました、メディアワークス文庫新刊情報。
昨日から自分に何度開かせる気だよってくらい中々更新されなくて、F5連打していましたが、ちょっと昼寝している隙にででーんと更新されていました!やったね!
それではお待ちかねのバカが全裸でやってくるあらすじです。
バカが全裸でやってくる

この作品はフィクションであり、
実在する作家・小説賞・団体とは一切関係ありません。
バカが全裸でやってくる

入間人間

599円 (税込) 書き下ろし

 バカが全裸でやってくる。僕の夢は小説家だ。そのための努力もしてるし、誰よりもその思いは強い。しかし努力と環境では、才能は覆せない日々が続いていた。お話をつくることを覚えた子供の頃のあの日から、僕には小説しかなかった。けれど僕は天才じゃなかった。小説家になりたくて、でも夢が迷子になりそうで。苦悩する僕のもとにやってきたのは、全裸のバカだった――。
 大学の新歓コンパ。そこにバカが全裸でやってきた。そして、これが僕の夢を叶えるきっかけになった。こんなこと、誰が想像できた? 現実は、僕の夢である『小説家』が描く物語よりも、奇妙だった。


タイトルからまるで内容が予想出来なかった全裸バカですが、やっべぇですね、めちゃくちゃ面白そうな予感しかしないです。
興奮のあまりさっき食べた鰻が滝登りの如く、逆流してきそうです。
小説家を夢見る青年が主人公……はっ、これはもしやいるまんの実体験!?などと暑さにとろけるブレインですけど、
この作品はフィクションであり、
実在する作家・小説賞・団体とは一切関係ありません。

の部分がなんかもう逆に関係ありますけど何か?と言っているようにしか見えません。
まぁ、でもいるまんは天才だからやっぱ違うかーと以下略。

表紙も「おお、これは文句なしに一般向け!」と高らかに宣言するような、かの有名な全裸像ダビデ像が表紙の本が表紙になっていてなんともおしゃれ感漂いますね。
本の中に本が入っていてこれがいわゆる無限ループというやつですね違いますね。
一抹の不安としては、バカ=全裸ということでしょうから、こんな風にダビデくんを使ってミケランジェロさんに怒られないかどうか心配です。
そして、英題までつけちゃったりなんかして、んもーいるまんったら、ぐろーばるすたんだーど!
Naked stupid man is coming here
発売まであと一ヶ月、バカは全裸で待っている=全裸待機がイルマニアの努め。

同じくメディアワークス文庫から8月に刊行される魔界探偵 冥王星O トイボックスのTあらすじ。
魔界探偵 冥王星O トイボックスのT

メディアワークス文庫×講談社ノベルズ、
『NECK』から生まれた驚異のコラボレーション!
魔界探偵 冥王星O
トイボックスのT

越前魔太郎

599円 (税込) 書き下ろし

 目を覚ました。巨大な篭の中で。扉には、大きな南京錠が二つ。
 わたし、閉じこめられてるのか。赤ちゃん用のおもちゃに囲まれて、篭の隅には、仮面をかぶった大男がいた。
 ……これなに?
 それと、今更だけど、わたし、誰? ……そうか。わたし、記憶喪失か。いや、分かってたけどね、本当は。
 さて。またあの気持ちいい夢に耽溺しよう。
 さあ、早くわたしに、狂った男の記憶を注入して。
 ソリッドシチュエーションホラー登場!


ラノベ風味の表紙ですけど、個人的には好きな感じです。
この絵師さん、多分pixivで見たことある人だと思うんですけど、違うかなぁ。
このあらすじから分かるのは、監禁&記憶喪失ものってことですね、中々面白そうです、楽しみ。
まだ発売してもいないのにこんな話をするのもなんですが、本書担当は色んな噂から御影瑛路さんらしい(あとがきでそんなようなことを仄めかされていたそうです)んですけど、一緒に出る俺のコンビニの作者・峰月 皓さんのプロフィールとこの越前魔太郎のプロフィールが全く同じなのは単なるミスなのか、はたまたネタばらしなのか。
ミスの可能性が高そうですけど、もしミスじゃなかったとしたら同時二冊刊行……峰月さん中々すごそうな人っぽいですね。
7/28 追記:やっぱりミスだったみたいです。今覗いたら修正されていました。謎の覆面作家と言っているのに、9月には舞城王太郎による『冥王星O』を発売。と謎でもなんでもなくなってる気もしますが、気にしたら負けですね。

そしてそして、講談社ノベルスより9/6発売、舞城さんのターンは『魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD』!
ダブルDって……その手があったか!!と一人勝手にしてやられてました。
最後(かどうかはまだ不明ですが)を飾るに相応しそうなごっついサブタイを付けて来ましたね。
ちなみにちょっと前に『獣の樹』と『NECK』を読んだんですけど、これがまた面白くて。
特に『NECK』の舞台がめちゃくちゃ観たくなっちゃって今度DVDが出るそうなので買っちまおうかと財布くんと検討中でございます。

ね、面白そうじゃないですか?いや、面白いんですよ。
ホラーのようなコメディのようなあやふやな雰囲気が笑いを誘いまくりな作品なわけです。大爆笑シチューです。
そんなわけで?来月発売の短編集『イキルキス』がものっそい楽しみです。
舞城さんの短編集大好きなんですよね、ピコーン!とか我が家のトトロとかが個人的にお気に入り。

来月は全裸にラジオに電マガ短編に映画情報に大忙しで入間充な月になりそうです。
いいのだろうか、こんなに幸せで。

Leave a comment

Private :

Comments

 名前がかわったのはいにしないでください。理由は前の名前でいろいろ活動したい、となるとけこう困るので、、、、覆面やろうとでも呼んでくだせー
 入間さんの一ヶ月一冊って、受験生にたいしての嫌がらせですよねwまぁ学生が読むなんてイメージがなにのかも、ですけど。
 まぁ、たぶんなんだかんだいって買うようなきがします。
 みーまーは二巻まで、電波男(笑)は一巻までしか読んでないんでそれ以前の問題だとかいわれそうですけどね、、、、、けどちゃんと小規模も多摩湖さんも660円も読んだんですよ。勉強そっちのかでw(笑えない)
 越前魔太郎は出遅れたのでいまだにWしか読んでません。Tの表紙、かわいいな、、、、
 夏休みが受験生の山場ですからなー。舞城さんの作品もいつか読みないなー
 、、、、、、受験生であることを自慢してるような文になってしまってすいません。
Posted at 2010.07.27 (12:04) by 首吊り(偽名) (URL) | [編集]
ダビデ像にまず笑いました。
あらすじですでに面白そうな空気がプンプン漂ってますな。
バカが全裸でやってくるの題名の元ネタってバカが戦車でやってくるですよね。
まあ、内容的には似通ったところはあまり無さそうなんですけど。
あと一ヶ月待つのは結構辛いものがありますな。

すいません、冥王星はぶっちゃけWしか読んでません。
私は入間産の文章が読みたかっただけなんです。
しかし、このトイボックスのTの絵師さん、俺もなんとなく見たことがあるんですよね。
色の塗り方とか、雰囲気とかが。いや、まあ多分違うんだろうとは思いますけど。

と思ったのですが、そういや今月は電撃マガジンが発売でしたか。
まだ少しは耐えられそうです。
Posted at 2010.07.27 (14:43) by トーマイ (URL) | [編集]
いるまんやってくれましたね。なんだよこのイルマニアホイホイな表紙とあらすじは!
まず表紙。
一瞬どれが表紙か分からないと思ったら、本体の表紙の中に全裸像ダヴィデ像の表紙を持つ本が描かれていたのか。おっしゃれー。
そしてあらすじ。
明らかに狙ってるでしょこれは。タイトルから内容が予想できなかったけど、内容はタイトル通りでしたね。
さて、発売まであと一カ月。イルマニアの務めを果たそうかなっ。

冥王星も残りのシリーズ読まないとなー。トイボックスのTはもうイラストから惹かれますね。実は先月刊行のPもイラストに惹かれて購入する予定だったのですが、割と不評だったのと金銭的な問題から一度断念したんですよね。
舞城さんのターンも待ってることですし、一から集め直してみようかな。
今更な質問ですが、冥王星シリーズは全て話が繋がっているのですか?

『NECK』面白そうですね。画面がシュールすぎて何度も吹き出しそうになりました。やっぱり舞城ワールドには敵いません。別段、勝負するつもりもないのですが。

あと、『砂漠』読みましたよ!
いろいろ語りたいことはありますが、今はとにかくお礼を述べたいです。こんな素晴らしい作品を紹介してくださって、感謝してもし尽くせませんよ。
テストが終わり次第感想を載せようと思いますので、よければ見てみてください。
Posted at 2010.07.28 (00:49) by つかボン (URL) | [編集]
Re:首吊り(偽名)さん
おっと、覆面作家志望ですか、じゃあ今までのことはなかったことにして改めて、初めまして、コメントありがとうございます。
いやそこは逆に考えるんですよ、一ヶ月に一度の息抜きだと思って楽しみましょう。
確かに、金銭的にはキツイかもしれませんが、時間的には一ヶ月一冊読むくらい別にどうってことないですよ、とろくに受験勉強に勤しんだことのない自分が言ってもダメですね。
ですよね、なんだかんだ言って買っちゃいますよね、それが人の性ってやつなんですよきっと。
シリーズものより単品派ですか、でも小規模は本当、傑作ですよね。もちろん、660も。
ということで来月発売の全裸も是非読みましょう。とは言ってもくれぐれも、勉強そっちのけには気を付けてください。
魔太郎関連もオススメですけど、流石にあれもこれもとはいかないということでしたら、入間さん一筋に絞って受験に臨むのが良作かと思われます。
夏休みが受験生の山場とか言ったりするのは聞いたことがあります(オイ
いや、本当、頑張ってください。高校なんて入っちゃえばこっちのもんですよ。
落ち着いたら、舞城作品もぜひ。
それでは、暑さだけにはやられないよう、注意してください。
もう、自分はやられましたので。
Posted at 2010.07.28 (15:24) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re: トーマイさん
ミートゥー!ナシテダビデ!?でした。
実に美味しそうなあらすじに、この暑さで失せかけていた食欲も盛り盛り湧いてきます。
多分、そうだと思います。トーマイさんはその映画も観られたことあるんですか?
ですね、内容は別段これといって共通項みたいなものはなさそうです。

いやいや、別に謝ることじゃありませんよ。
自分だって入間さんが参加している可能性があったから読んだわけで、そうでなかったら触れる機会はなかったと思います。
つまり、トーマイさんと動機は一緒です。
というか、そういう方(Wしか読んでいない人)結構多いんじゃないかな、と思ってるんですけど、どうなんでしょうね。
絵師さんの心当たりなんですけど、一人じゃなくて何人か似たような画風の方がいらっしゃるので、この人だ!って自身を持って言えません。
まぁ、全く知らない人って可能性も多聞にあるでしょうけど。

そうですよ、一ヶ月はちと長いですけど、その前にラジオやら電マガの短編やらと目白押しなので、案外あっという間の一ヶ月になると思います。
こうやって待っている時間さえ幸せスパイスな自分は、太陽なんかには屈しませんよ。ええ、決しt……
Posted at 2010.07.28 (15:40) by 天野寂 (URL) | [編集]
Re:つかボンさん
イルマニアホイホイでもありますけど、この表紙ならいるまんを全く知らない人が「お、ダビデ。なになに『バカが全裸でやってくる』?なんか面白そうじゃん」ってな感じで結構手に取ってくれそう!とかも思ってます。
タイトル&表紙バキュームの威力は如何に。
>タイトルから内容が予想できなかったけど、内容はタイトル通りでしたね。
その通りでした。しっかりバカが全裸でやってくる内容でした。タイトルに偽りなし、です。
発売まで一ヶ月、つかボンさん逮捕のニュースが聞こえてこないことを祈ってます。

Tの表紙なかなかいいカンジですよね。あらすじもなかなか。
Pは……正直、あんまり読まなくてもいいんじゃないかな、と。
まぁ、そこはつかボンさんの判断にお任せします。
舞城さんターンだけでも読んでみては如何でしょうか。
う~ん、一応、繋がっています。
書いている人が違うと同じ人物でも印象が全然違ったりして、違和感があったり、でもそこがまた面白かったり、という楽しみ方をしています自分は。
話的には、電撃側から出ているのは外伝風、講談社側から出ているのがメインストーリー風になっていると思います。

いや、初めの方は本当バリバリホラーチックなんですよ。
でもそれが段々とシュールに見えてきて、一度笑っちゃうともう止まらなくなる、そんな感じです。
トリックも仕掛けられていて、そのトリックというのがこの舞台だからこそ活きてくるものに仕上がっていて、ほぁーと感心する他ありませんでした。

おお、読み終わりましたか!
自分もちょっと前に再読し終えましたよ。
気に入って頂けたようで何よりです。
とにかく、西嶋!な一冊ですよね。
伊坂作品は名作揃いですので、また機会があれば是非、読んでみてください。
それでは感想、楽しみにお待ちしておりますぞ。
Posted at 2010.07.28 (16:04) by 天野寂 (URL) | [編集]
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
7/7更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード