ぼつるの24page原稿

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

発売日当日になって初めての告知で謝罪も一切なしですかそうですか。
一言「告知が遅れてすみません」とでも添えてあるだけで大分印象も違ったんですけどね。
以前からアレでしたが、今回の一件で私の中の入間の間への信用は地に落ちました。

一方、ささくれPはと言うと前回の記事を書いた日にちょうど岐阜で行われるイベントがあったようで、「岐阜ってことはいるまんじゃん! これは告知来るな!」と一人盛り上がっていたのですが、イルティマニアアカウントで呟いた宣伝ツイートをRTされたものの、それ以外は一切触れられずまたダイエット()とかいうツイートをかましてきやがりまして怒髪天を衝く寸前までいきました。
翌日、ようやくではありますが告知ツイートがあったことで事なきを得、今日も色々とツイートしてくださったのでささくれPの信用は回復しました。よかったよかった。
というわけで、発売記念コメント&イラストを紹介させて頂きます。

16sasakure.jpg
小説のイラストはusiさん、そして文章は入間人間さんです!
色々考えて纏めていたプロットを試行錯誤の末にようやく世に送り出す事が出来て、光栄です…😭✨
小説には僕が好きだった色んなゲームの小ネタが入ってます。いくつあるのか探してみるのも面白いかも?

ちなみに私は昨日フラゲ(早いところでは25日には出ていたようです)して堪能しましたが、素晴らしかったです!!
素晴らしかっただけに宣伝の方にももっと力を入れてほしかったなと。
せっかく入間さんが最高の小説に仕上げても、読者のもとに届かなかったら全部パァなわけですし。
繰り返しになりますが本当に残念でなりません。

終末シリーズ公式サイトが『ぼくらの16bit戦争』仕様にリニューアルされました!
16bitmain.jpg
てっきり(公式の力の入れなさ具合を見て)もうずっと『しゅうまつがやってくる!』のまま放置されるのかと思っていたので嬉しいです!
でも、前のバージョンはもう見られなくなっちゃうってことなんですかね?
出来れば別ページに作ってほしかった気も。

・没原稿
念願の没原稿を手に入れたぞ!
というか『いもーとらいふ(下)』冒頭の妹が書いた小説のロングバージョンでした。
にしてもすげぇ気になるところで終わりやがりましたね!
衝撃的な結末に襲われたかったのに!
読者に伊藤と同じ気分を味わわせるという意味ではこれ以上なく成功しているけども!
没原稿は今後もバンバン載せてほしいんですけど、出来ればちゃんと完結しているものが読みたいかな!

伊藤の知り合いが完全に太郎だったのですが、これってつまり、作者である妹ちゃんは太郎と面識があるってことなんでしょうか?
それから、ジンが最高に可愛かったです。
神系シルクハット金髪美少女とか妹ちゃんのキャラメイクセンス大好き。
ジンと言えば、今作のジンは神だからジンということなんでしょうけど……ところで、ゴミ箱2はいつ出荷されますか?

入間さんから一言。


先日、あるゲームを遊びました。
遊んだというかノベルゲームなので読んだというべきか。
多分メジャーなものではありません。インディーズといえばいいのかな。
インディって聞くとマリオのモグラを連想しますが。
それで感想をこうやって書くくらい面白かったのかというと、うーんどうだろう。
大きな起伏はなく、静かに進行していく物語なわけです。
全体的な描写が私が言うのもなんですがやや冗長ですし、目を引くような美しい文が並ぶわけでもありません。 まあこのへんは作風に合わせている部分もあると思います。エライ。私はまったく合わせられません。
それはさておき、そのようにすっごく面白いわけではありませんが、私は気に入りました。
なにが気に入ったのかというとまぁ色々あるのでしょう。ロケーションなり色合いなり。
あとは作中の人物の一人が持つ哲学的なものが自分の考えに近いからとか、なんやかんやがあるのでしょう。
久しぶりに自分の作品以外の創作物に触れましたが、いい刺激となりました。
手放しに誉めているわけではないのでタイトルは伏せますが、
こうやって感想を書いて、影響されてなにか書いてみようと思うくらいに気に入ったのでした。
皆さんも、もしもどのゲームか分かったらぜひ遊んでみてくださいね。
値段もお手頃ですし。
あ、ちなみに今回掲載している小説は一切関係ありません。

ゲームを特定出来た方がいらっしゃいましたら、速やかに私までご一報ください。
分かったとして遊ぶかは分かりませんが……ノベルゲーは苦手です。

『私はまったく合わせられません。』の部分に関しては大声でダウトと言わせて頂きます。
終末シリーズでそれはもう見事に作風に合わせた文章を紡がれてるのはどこのどいつですか?

怒りのamairo.JK

発売まで1週間を切ってやっと! やっと! 『ぼくらの16bit戦争 ―ラララ終末論。II―』のカバーイラストが公開されました。
16bit01.jpg
しかし、あらすじはまだない。

sasakureさんには期待していたもとい一縷の望みをかけていたのですが、ダメダメのダメでした。
Twitterでどうでもいいツイートをする度に高まるヘイト……もう一生『ダイエット()』とかふざけてればいいんじゃないでしょうか(真顔)
ここまで来て公式関連の告知一切なしとかどんだけ売る気ないんだよ!
前回売れなかったからって態度が露骨過ぎるだろ!
とあることないこと邪推しちゃいますよこれじゃあ。
実際売れなかったかどうかは知りませんけど、まぁ現状を見る限りお察しということなんでしょう。
だとしても、だとしてもですよ。
これはないでしょうこれは。
新規獲得なんて夢のまた夢なのは自業自得として、せっかく楽しみにしてくれているファンのほとんどが発売されることを知らないまま発売され、発売されたことにさえ気づかないまま店頭から姿を消しちゃいますよこのままじゃ!
個人的にもこんな作品の内容と全然関係のないところでテンション下げられたくないので、最低限の広報はやってほしかったです。

というわけで、ここんとこ、もうマジで出ない可能性あるんじゃないかと不安で仕方なかったのですが、このイラストを見て「ああ、本当に出るんだな、良かったぁ」とほっと胸を撫で下ろしました。
イラストについてはもうなんていうか「文句なしっ!!」と親指を立てるしかありませんよね、ええ。
アルトさん(左の人)かっけぇ!!
発売間もないPSVRをアレンジして颯爽と着こなすアルトさんマジリスペクト(違)
そして、なんと言っても男の子の隣にある植木鉢!
『しゅうまつがやってくる!』もそうでしたけど、usiさんのイラストってパッと見シンプルなのに色々な要素が詰め込まれていて、見るたびに新しい発見があるのが楽しいです。

開戦まであと5日、万全に備えて待つべし――

電撃文庫MAGAZINE Vol.52 感想

電撃文庫MAGAZINE Vol.52の感想です。
DBM-Vol52-COVER_CM-156x220.jpg
今回全然画像が上がっていなかったので、小さいですがご容赦ください。

Continue Reading

入間はどこにも開がない

入間人間公式サイト『入間の間』が更新されました。

この期に及んで『ぼくらの16bit戦争 ―ラララ終末論。II―』の告知がないですと!?
前回なかった時点で遅過ぎるくらいなのに、今回のタイミングでもスルーとなると次回更新25日になりますが……発売2日前とかいくらなんでも宣伝する気なさすぎではないでしょうか。
せっかく続きが出るぞ! とテンション上がっていたのに、こんなにやる気のない公式の態度を見ていると萎えてきます。
はぁ……もう入間の間に期待するのは諦めます。
sasakureさんが大々的に発表してくれるのを祈るばかりです。

安達としまむら7のあらすじロングVer.&カバーイラストが公開されました。

安達としまむら7
adamura7rogoadamura7non

著者/入間人間 イラスト/のん

定価/(本体550円+税)

2016年11月10日発売

付き合うことになった安達としまむら。
二人の関係がちょっとだけ変わる、第7巻。


 しまむらと付き合うってことは、うーん、まず、い、一緒に登校するとか……でいいんだよね……。でも、何時に迎えに行けばいいのかな。自転車どうしよう……しまむらは歩きだし……早く学校始まらないかな。

 安達と付き合うことになったけど……、何か今までと変わるのかなー。……安達は変わるんだろうか。でも、付き合うってどうすればいいんだろ。うーんよくわかんないな。大丈夫なのかね。

 お祭りでの告白から、彼女と彼女になった二人。夏休みも明けて新学期。これまでとちょっと違う高校生活が始まる。

あらすじはう~ん、少なくとも最終巻ではなさそうです。
イラストの方は後2巻ぐらいしたらしまむらが完全な黒髪ロングになりそうですね!
あと、そろそろマフラーが恋しい季節になってきたかなと(そろそろそのネタやめたげて!

明日発売の電撃文庫MAGAZINE情報に関してはありがとうございます。

10月8日発売の「電撃文庫MAGAZINE」では新企画の短編を掲載中です!

タイトルは「入間人間異色短編シリーズ『光を断つ (上)』」!
イラストは悠久ポン酢さんが担当しております!

気になるあらすじはコチラです!

逃亡中の侍が山中で遭遇したのは、
水浴びをしていた浅葱色の少女。
彼女が振るう“光の剣”とは──。

マガジンでチェックだ!

異色短編というと『サムライ・デッドエンド』と同じカテゴライズで、あらすじも同じく剣客もののようなので、これは期待できそうです!
浅葱色の着物ではなく、水浴びをしていた=裸の状態で浅葱色というのは髪色のことなんですかね?
もしかして、エリオのご先祖様だったりするかもしれませんね。
まぁ、肌が浅葱色の可能性もまだ捨てきれませんけど。
時代ミュータント小説、ありだと思います。
上ってことは『お隣さん交流記』に引き続き上中下構成になりそうです。
下まで早くても4ヶ月かぁ……最近小出しが多いのでたまには完結まで一気に読みたいものです。

今号はもう一つ掌編が掲載予定であることを補足しておきます。
久々のillust×storyでイラストレーターは雛川まつりさんです。
i21b.jpg
去年の受賞者の中では一番好みの雰囲気だったので嬉し楽しみです。

というわけで、明日は電マガ求めて本屋へGO!

Continue Reading

電撃文庫公式海賊本『電撃すぷらっしゅ!』 感想

電撃文庫公式海賊本『電撃すぷらっしゅ!』の感想です。
dengekiSplash.jpg
去年の海賊本『電撃がーるず水着ふぇすてぃばる!』に比べ、お値段据え置きで30ページほど薄くなり、入間さんの掌編もなく、全然すぷらっしゅしていませんでした。

Continue Reading

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
02 03
発売カウントダウン!
入間人間著作一覧
2/26更新

刊行年月日順リスト

シリーズ別著作リスト

刊行予定リスト
天野寂のお気に入り
Profile

天野寂

Author:天野寂

“あまのじゃく”と申します。
読書メーター始めました。

このブログについて

Recent Entries
RSS
Recent Comments
Categories
Archives
FC2カウンター
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード